簡単、職場のファイル設定を共通化 【NX(3D-CAD)】

広告

うちの職場では、Siemensの3D-CADであるNXを使っています。
他人が作ったパートファイルで、寸法を確認したい部品のモデルがどこなのか分からず、レイヤを1つずつ表示させてイライラした経験はないでしょうか。
何人かで設計をしていると、必ず出くわす場面ですよね。これを設定で解決しましょうというお話です。



スポンサーリンク



何人かで設計をしていると、他人の作ったパートファイルを見たときにレイヤ設定やフィーチャの作り方がバラバラだと分かり難いですよね。基本的な部分を揃えておくと非常に楽ですよ。
図面枠やモデルの色設定などを標準化しておき、みんなそれを元に設計を開始してもらうようにしましょう。

複数の人で作業の画像


NXを起動して、”新規ファイル”を選択すると標準装備のテンプレートが表示されます。これらの中で職場にぴったりのものがあればよいのですが、不満点も多いでしょう。
独自のテンプレートを作っておけば、仕事始めの不満点修正から解放されます。一生楽ができます。

この5点が統一できます

  • 色の設定(カラーパレット含む)
  • レイヤカテゴリの設定
  • 図面枠やその記載内容
  • フォントの種類やその大きさ
  • 公差の表記方法

手順は、大まかに言うとこんな感じです。3ステップ!

  1. あなたの職場独自のテンプレートファイルを作る。
  2. それをみんなからアクセスできる場所に置く。
  3. NXに登録する。

細かく説明すると手順はこんな感じ。

あなたの職場独自のテンプレートファイルを作る。

・職場で標準的なパートファイルを1つ選び、コピーを作る。
・名前を変える。(今回は、仮に”STD001.prt”とする。)
・変わらない部分を残して、モデルや図面の注記などを削除する。
・図面表題欄の文字も”***”などに変更しておく。

それをみんなからアクセスできる場所に置く。

・すべてのPCからアクセスできるサーバー機やNASなどにフォルダを作成する。
・そのフォルダを共有設定しておく。※わからない場合は下記へ
・そこへ上記で作ったパートファイルを入れる。

NXに登録する。

・NXのインストールフォルダへアクセス。(C:\Program Files\Siemens\NX1953など)
・その中の“UGII\localization\japanese”フォルダ内。
”ugs_model_templates_japanese.pax”が設定ファイル。
・この中に下記のような設定を書き加える。


 <PaletteEntry id="d01">
    <References/>
    <Presentation name="標準" description="標準の設定">
        <PreviewImage type="UGPart" location="E:\templates\STD001.jpg"/>
    </Presentation>
    <ObjectData class="ModelTemplate">
        <Filename>E:\templates\STD001.prt</Filename>
	<Units>Metric</Units>
    </ObjectData>
  </PaletteEntry>

上記の説明
“d01″・・・テンプレートの番号、連番
標準・・・メニュー上の名前
標準の設定・・・内容の説明
E:\templates・・・サーバー内の共有フォルダ名
STD001.jpg・・・テンプレートファイルのイメージ画像
STD001.prt・・・今回作ったテンプレートファイル名

どうですか? 簡単でしょ?

共通化できてよかったの画像1

ここで、ひと工夫

設定ファイルは、設計者の誰からもアクセスできてしまいます。
勝手に変更されては、統一されていることにはなりません。また、間違って消去されてしまうと大変です。
設定ファイル属性を”読み取りのみ”にしても良いのですが、変更したいときに不便ですよね。
ですので、設定ファイルがあるフォルダへのアクセス権を、管理者とその他ユーザーで分けておきましょう。
内容変更の権限は、管理者のみに設定しておけば安心です。

おまけ

フォルダ共有設定の方法
※共有フォルダはファイルサーバーなどの常時稼働しているPCに設定することをお勧めします。
 個人のPCに設定してしまうと、電源を切ってよいのかどうかわからなくなりめんどくさいです。
 Windows10での方法ですが、Windowsserverでもほぼ同じです。

  1. タスクバーからエクスプローラーを起動
  2. フォルダーを新規作成
  3. 共有したいフォルダを右クリック
  4. フォルダーのプロパティを開く
  5. 共有タブをクリック
  6. 詳細な共有をクリック
  7. このフォルダーを共有するにチェックを入れる


読み取りだけでよければ、これでOK!
・・ですが、管理者も読み取りだけになってしまうので、編集できるようにアクセス権を与えましょう。上のつづき。

  1. 追加をクリック
  2. 一番下の空欄に管理者のユーザー名を入力→OK ※入力できない場合
  3. フルコントロールにチェック→OK→OK
  4. 閉じる

ここで、ユーザー名が入力できない場合は、サーバー機にそのユーザーを作ってください。
Windows10の場合

  1. スタートボタンをクリックし、「設定」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが表示されたら、「アカウント」をクリックします。
  3. 「家族とその他のユーザー」をクリックします。
  4. 「他のユーザー」の項目から、「その他のユーザーをこの PC に追加」をクリックします。
  5. 「追加するユーザーがメールアドレスを持っていません」
  6. 「Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する」
  7. 名前やパスワードを入力
  8. 閉じる


Windowsserver2016の場合

  1. ショートカットキー「Windowsキー+X」で開くメニューから「コンピュータの管理」
  2. 「システムツール」→「ローカルユーザーとグループ」→「ユーザー」
  3. 「ユーザー」→「新しいユーザー」
  4. 名前やパスワードを入力
  5. 作成


Windowsserver2016でアクティブディレクトリの場合

  1. サーバーマネージャーを起動
  2. 「ツール」→「Active Directory ユーザーとコンピューター」
  3. 作成したドメイン→Users→新規作成→ユーザー
  4. 名前などを入力→次へ
  5. パスワードを入力
  6. ユーザーは次回ログオン時に・・・のチェックを外す
  7. パスワードを無期限にするにチェックを入れる→次へ
  8. 完了
共通化できてよかったの画像2

いかがでしたでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

Siemens NX関連の記事。
Siemens NX いらっとするトラブル解決法【5選+1】
金型投影面積の計算を、3DCADで簡単に 【NX(3D-CAD)】
3ステップで、間違えない部品一覧表を作りましょう 【NX(3D-CAD)】
NXで重心を求める方法 【NX(3D-CAD)】
【Siemens NX】 CADソフトのバージョンアップに5時間かかる?


スポンサーリンク