Windowsインストールが進まない、削除できないMSR領域とは?

広告

Windows10のインストールを始めると、インストールする領域を指定する画面になります。
ここで領域を指定しても、拒否されることがあります。

どうしたらいいんだ?

頭の中まっ白・・・パニックとは正にこの事です。



スポンサーリンク


インストールを拒否される

DドライブのSSDをCドライブ用としてインストール

パソコンメーカーが何らかの原因で、CドライブとDドライブを指定したのとは逆の順番にセットしてインストールしてしまいました。
サポートサイトに連絡しましたが、故障ではないので対応できないと言われました。

お客様の方で、再インストールお願いします。

これ以上、時間を取られるのももったいないので、あきらめて再インストールに取り掛かりました。
→この時のやりとりの記事

インストールしてくれない

SSDを取り外して、順番を入れ替え。
リカバリUSBメディアから起動して、インストール開始。

インストールする領域を指定する画面がこれです。

MSRとDATAの画像

下のパーテーション2(953GB)の領域を指定。
すると、メッセージが出てインストールしてくれません。
パーテーションがおかしいと言っているようです。


MSR領域が消せない

仕方ないので、一旦領域を消してみることにしました。
パーテーション2はあっさり消えたのですが、パーテーション1のMSRが消えません。

MSRを残したまま領域を作ります。
すると、

MSR、システム、プライマリの画像

このようになったので、インストール先としてプライマリを指定。
でも、やっぱりインストールできないと断られます。

メッセージを見ると、内容はよくわからないのですがGPTについて調べろと言っているような感じ。

まさかGPTではないことはないよね?
起動は、UEFIでしていることだし・・・




diskpart → clean で解決

まさか今ごろGPTでないドライブを使っていることは無いよね、と思いながらネットで情報を調べます。
すると、見つかったのがHDDがGPTでないMBRだった時のための対処方法でした。

SHIFT+F10でコマンドプロンプト

記事によると、インストール先をしてする画面でSHIFTキーを押しながらF10キーを押すとコマンドプロンプトが現れるそうな。

コマンドプロンプトの画像

diskpartコマンドを使って、領域をすべて消すことができます。
手順はこんな感じ。

  1. list disk
  2. select disk 1
  3. clean
  4. convert gpt
  5. exit



全体消去の後、フォーマットすると

システム、MSR、プライマリの画像

このように一番最初にシステム領域が出来まして、機嫌よくインストールに応じてくれるようになりました。



無事にインストール完了したが・・・

最後までインストール作業が終わりまして、起動できました。
プリンタのセットアップやアプリケーションをインストールを終えました。

めでたし、めでたし・・・ではなかったんですよね。

元々納品された時のWindows10のバージョンを確認していなかったのでわからないのですが、再インストール後は少し古いバージョン20H2になっていました。

この続きは次回話します。

デル株式会社



おまけ:MSRとは?

パソコンのSSDやHDDは、エクスプローラで見えている領域のほかにシステムが使うための領域が、作られています。
こんな感じです。

パーティション1:ESP(システム)
パーティション2:MSR(Microsoft予約パーテーション)
パーティション3:Primary(Cドライブ)
パーティション4:Recovery(回復パーティション)

※この他にOEMなどの領域が存在することもあります。

今回問題になったMSRは、Windows自身がメンテナンス時やアップグレードの時に作業のために用意している領域です。
基本的にすべてのドライブに作られています。

そして、このMSRはシステムとPrimaryの間に居なければならない決まりになっています。


以上、参考になればうれしいです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうござました。



関連記事
【BTOパソコン】Windowsが2番目のドライブにインストールされてしまった
Windowsのバージョンアップで、サインインできなくなった


スポンサーリンク